節税を尽くして、融資がスムーズになる決算・確定申告が自慢の事務所です。相続税申告、相続対策、遺言等にも力を入れております。

〒390-0851           
長野県松本市島内3688-11   

TEL : 0263-48-0167
FAX:0263-48-0253

E-mail:s.yamaguchi@tkcnf.or.jp
営業時間:9:00〜18:00(土日祝は要予約)

無料相談受付中!受付は下記まで

0263-48-0167

個人事業と法人の分岐点

個人事業と法人の分岐点

個人事業?法人成り?

個人事業でいくか、法人成りするか、判断に迷うところです。

そんな相談をいままで何回も受けたことがあります。

そんなときの私の答えは

月に粗利で60万円以上稼げるのであれば、法人のほうがいい!

いろいろな状態があるので一概には言いきれませんがひとつの指標だと考えています。

逆にいうと、月に粗利で60万円以上稼ぐようになるまでは個人事業で頑張ったほうがいいということにもなります。

なんで月60万円?

なぜ月60万円を一つの目安にしたか。

粗利で60万円ということは個人事業であっても法人であっても実質的に利益が出るラインにあると考えられます。

そこでその利益に対して考えられる経費を考えた時に、法人の方が個人事業に比べて、経費として認められるものが明らかに多いと考えるからです。

また、粗利が月60万円を超えてくると経験的には事業としてのファーストステップを超えたということなので、ここから一気に拡大していく可能性が高いということです

さらには親族以外の外部の人間を雇うこともできる、逆に外部の人間を雇わなければならないということになる可能性が高い。

となると、募集をかけたときに個人事業では優秀な人材が集まりにくいという可能性があります。

これも私見ですが、やはり募集要項なんかを見たとき「株式会社◎◎」と表示されてないと、なんかちょっと不安になっちゃいますよね。。。

「経験的にとか」「可能性が高い」とか歯切れの悪い説明ですが、数字として表わすこともできます。

ただ、個別の話になってしまうので直接質問いただけるとありがたいです。

事業をはじめるための制約が少ない

個人事業主のいいところはなんといっても法人比べ事業をはじめるための制約が少ない。

極端な話、いまこの瞬間からお店やります!って宣言して事業を始めることもできます。

届出も、「個人事業の開業届」や「青色申告承認申請書」を提出したほうがいいが仮に出さなくとも罰則はない。

(税理士として青色申告承認申請書だけは提出することをお薦めする

そのフットワークの軽さが個人事業の最大メリットといえる。

さらに、個人事業のメリットとして考えられるのが、個人事業主には交際費に制限がないこと。(ただし事業と直接的に関係のあるものしか交際費とならない)

法人の場合、交際費は中小企業で年800万円までしか経費として認めない。

大企業については交際費は経費として認められない。

という法人と比べると確かにメリットがあると考えられる。

法人成りのいいところ!

法人成りのメリットはなんといってもその信用にあるといえる。

事業を大きくしていくうえで、銀行などからの融資や外部からの出資は欠かせないが、個人事業と法人では金融機関の借入一つとってみても運転資金や設備投資としての借入は法人の方が審査が断然スムーズだ

また、税制上に用意されている控除や特別償却などの優遇面も多い。

これは申告書の複雑さをみていただければ一目瞭然である。

個人事業の申告はおよそ4面であるが、法人はすべてを使用するとは限らないが1〜16表まであり、さらに細分化されていている。

この複雑さがわれわれ税理士の一番の腕の見せ所であるが、最近は性能のいい申告書ソフトもあり、やる気のある経理担当であれば申告書の形はつくれる。

しかし、ほんとうに細かいところまで気を配った税務署にも金融機関にも受けのいい申告書を作成できるのは我々しかしないと自負している。

はっきり言って申告書の魂が違う!

我々は顧問料はいただくことになるが必ずそれ以上のメリットを依頼主様には与えている。と自負している。

話を元に戻すと

個人事業では赤字が3年しか持ち越せないが、法人では赤字が9年持ち越せる。

個人的には一番の差は個人事業の最高税率は50%(地方税込)であるが、法人の最高税率は38%(地方税込)であることだと考える。

これを月60万円の粗利で考えると年利720万円のパターンで考えると

税率は個人は43%(地方税込)法人は28%(地方税込)ということになり、税額でいうと実に108万円の差になる。

(税金は状況によって変わるので必ずシュミレーションすることをおすすめします。

相談はこちらまで

異論があるかもしれないが、非難を恐れず発言すると、個人事業と法人の差は覚悟の差にあるのではないか。

新たに法人という人格までつくってやっていこうという覚悟を周りは評価してくれるのではないかと考える。

まとめ

結論として私がお薦めするパターンは、最初、個人事業でやってみて粗利で月60万円稼げる目処がついたら法人成りする。というのがセオリーだと考えます。

でも、商売ってセオリーじゃないんですよね。。。

周りにどんなに反対されても、ネガティブなこと言われても、

自分の考え出したこの商品は絶対に売れる!

このサービスを必要としている人が絶対にいる!

という信念のもと退路を断ってどんなにリスクがあっても「えいや!」ってやってはじめて成功の目がでてくるものなのかもしれない

その「えいや!」のリスクは我々に相談いただくことによって確実に軽減します。

「まとめ」がまとまらなくなってしまいましたが、起業・開業を考えている方は、ぜひご相談ください。

言葉に出して相談してみると、見えなかった問題がみえてくるかもしれません。

無料ですのでぜひお越しください。

地図

法人設立時の税務関係届出一式作成サービス1万円

※顧問契約いただければ無料

30万円で株式会社の設立サービスもやってます

長野県松本市の山口会計事務所/山口正太郎
http://www.tax-setsuzei.com/
長野県松本市・安曇野市の税理士事務所です。
節税を尽くして、融資がスムーズになる決算・確定申告が自慢の事務所です。
相続税申告、相続対策、遺言等にも力を入れております。
無料相談も行っておりますので、お気軽にお問合せください。

お問合せ・ご相談

わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

山口正太郎にお任せ下さい

山口会計事務所のお約束
  • 早めの納税予測から、節税対策を実施するので
    無駄な税金を支払わせません!
  • 最新の税制に対応し、積極的な提案を行います。
  • 経営に役立つ情報を提供します!
  • 税務調査時はお客様を守ります!

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

営業時間:9:00〜18:00(土日祝は要予約)

長野県松本市の山口会計事務所/山口正太郎
http://www.tax-setsuzei.com/
長野県松本市・安曇野市の税理士事務所です。
節税を尽くして、融資がスムーズになる決算・確定申告が自慢の事務所です。
相続税申告、相続対策、遺言等にも力を入れております。
無料相談も行っておりますので、お気軽にお問合せください。

事務所概要

山口会計事務所

〒390-0851
長野県松本市島内3688-11

主な業務地域

長野県松本市
長野県安曇野市
長野県全域

ご連絡先はこちら

0263-48-0167

0263-48-0253

s.yamaguchi@tkcnf.or.jp

事務所概要はこちら

フォームからのご相談